速やかに本人確認書類を提出してカードローンを使おう

消費者金融のカードローンでは、本人確認書類はどのようにして提出すればよいのでしょうか。

カードローンにもいくつかの種類が存在するのは事実ですが、特に消費者金融のサービスに関しては申請に関する手続きを人に対して行うことがほとんどありませんので書類そのものを提出する機会がほとんどないという事情があります。

例えば、消費者金融は街角に無人の契約機などを設置して誰でも気軽に融資の申し込みができるように工夫をしていますが、当然この契約機には必要な書類を確認してくれる人間が存在するわけではありません。

あくまでも、その契約機を通して必要な書類を提出しなくてはいけないようになっているので、銀行などの金融機関に郵送で書類を提出することもできません。ですから、消費者金融では別の手段で本人確認書類を提出することが求められるのです。

では、具体的にどのような方法で本人確認書類を提出するのでしょうか。最もわかりやすい方法は、消費者金融が用意している申込フォームからアップロードなどの機能を利用して提出することです。

中にはメール機能を利用して送信することもできるので、その点に関してはそれぞれの消費者金融に確認する必要があります。本人確認が可能な書類はコピーをするのではなく、そのままカメラなどで撮影をします。そして、撮影ができた画像のデータをそのまま消費者金融に提出することになりますので、あとは指示に従って目的先を教えてもらえば十分です。

肝心の本人確認の書類に関しては、公的な証明書である必要がありますので一つか二つは準備しておく必要があるでしょう。運転免許証を所持していればそれで充分ですし、パスポートがあればそれを利用することもできます。

また、学生の身分でお金を借りることを考えている人は、これらの証明書以外にも学生証が必要になりますので忘れないように用意しておく必要があります。特に、消費者金融には学生専用の貸金業者も存在するくらいですので学生証が必須になっている業者も存在するくらいです。
カードローンに関してはさまざまな形態が存在しますが、それぞれの形態や提供する会社によって必要になる書類や提出方法が全く違っているということをよく理解しておかなくてはいけません。

とりわけ、消費者金融は融資に関する審査を非常に手短にする性質がありますので、申請をしたときにすぐに用意できないとその時点で審査を落とされてしまったり心証が悪くなる可能性も十分考慮できます。

本人確認書類はカードローンの審査ならばどこの会社であっても求められるものですので、契約機やインターネットを使って申請をする際には手元に忘れないように必ず準備をしてから取り組まなくてはいけません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク