カードローンって派遣でも審査大丈夫?

カードローンを利用するためにキャッシングサービスの審査は派遣社員では通らないのではないか、そう考えている方もいると思います。

以前、銀行などは特に、キャッシングの審査において正社員である事が重視されることがありましたが、派遣・アルバイトなどの非正規労働者の増加を受け、消費者金融業者だけでなく、信販系・銀行系の審査でも正社員である事はそれほど重視されなくなっています。

中には審査に通る条件の一つに安定収入を上げている業者もありますが、安定収入というのは別に正社員である事とイコールではないので、派遣などの非正規労働者であっても安定収入が見込めるなら問題ないのです。
派遣やアルバイトがカードローンの申請を行う際に注意すべき点としては、まず嘘をつかないという事です。

審査に通りたいあまり、収入額を多く申告したり、他業者でローンを組んでいるのに、組んでいないと申請したりするなんて事をすると、金融業者というのは業者間で顧客の信用情報を共有しているため、簡単にばれてしまい、それにより信用を失ってしまいます。
なので、申請については嘘をつかず正直に申請しましょう。
派遣・アルバイトのような非正規労働者であっても申請は通りますが、正社員である方と比べると限度額が低く見積もられがちな事にも注意が必要です。
なぜ限度額が低くなるのかと言うと、非正規労働者は正社員と比べると年収が低い事が多く、雇用も正社員と比べると不安定で、保険内容が国民健康保険である事などが考慮された結果カードローン等の限度額が設定されるためです。

このため、審査が通った直後などに百万単位でのカードローンを組むのは難しく、限度としては50万ほどになる事が多いです。
それと申請の際の注意点としては、複数の金融業者に同時期に申請しない方が良いというものです。
先ほども書いたように金融業者というのは顧客情報を共有しているため、複数の業者に申し込んでいる事は調べればすぐにわかります。

そして複数の申し込みをしてどれも審査に通っていないとなると、それだけで信用に値しないと判断されてしまうので、複数の業者に一気に申し込むのはやめた方が良いでしょう。
特に根拠があるわけではありませんが、1月で3社以上申請すると危ないというのが定説になっているようです。

あとはキャッシングを利用する際は返済期間はできるだけ短くするというのも重要になります。
返済期間を長くすれば余裕はあると思いますが、その分利息が多くかかっているので総額としては損する事になるからです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク