カードローンで自宅に到着する郵送物とは

新たにカードローンの申請を検討している人の中には、初めてカードローンを利用する上での不安を感じる事もかるかもしれません。しかし、カードローンは非常に簡単にそして、手軽に始める事が出来る様になりました。

そして、利用者のプライバシーに配慮しより機密性が保たれる様になったともいえるでしょう。銀行のカードローンコーナーへ行くと、周りの人から見えない様に囲いがしてあったり、自宅からインターネットを使って簡単に新規の申請が出来る様になったりと、ネガティブな印象が無くなり、非常に利用しやすくなっています。カードローンを利用する際に、プライバシーの観点から、現在一人で暮らしておらず、家族や友人と生活を共にしている人にとっては、自宅に届く郵送物への不安を感じるかもしれません。

金融機関から郵送物が到着する事で、同居している家族や友人に借り入れをしている事がバレてしまうのではないかと思い、利用しないほうが良いと判断する事もあるでしょう。

しかし、近年はその様な人へ向けて、自宅への郵送物を極力減らし、メール等で連絡が来る事も多く、実際に郵送物を送る際には金融機関名ではなく、異なる会社名や個人名で届くケースもあります。異なる知らない企業名であれば、同居している人が見ても何も変に感じる事はないでしょう。

郵送物だけを見ても、まさか金融機関からの郵送物だとは判断が出来ない様な作りとなっています。この様な配慮は、多くの金融機関で取り入れられる様になりましたが、どうしても気になる人は事前にホームページで検索をしたり、電話で問い合わせてみるのも良いでしょう。

具体的にどの様な形式で送られ、そしてどの様な名前で送られるのかを事前に知っておくことでより安心して受け取る事が可能となるでしょう。カードローンを利用する際に必要なキャッシュカード等は、最初実際に自宅に到着する事が多いため、審査を通過し実際に利用が出来る様になった時点で確認しておく事をお勧めします。

月々の明細等の連絡に関しては、メールで受け取る事もできれば、インターネット上にある専用のページから、現在の利用状況か次の返済日、返済金額等を調べる事が出来ますので、わざわざ紙で明細を受け取る必要もないでしょう。この様に同居している人に、カードローンを利用している事実を知られたくない場合は、まずは事前に確認をしておき、問題無いと判断出来た金融機関を利用すると良いでしょう。

カテゴリー: 未分類 | カードローンで自宅に到着する郵送物とは はコメントを受け付けていません。

カードローンの解約のメリットとデメリット

使っていないカードを整理することは、財布の中を軽くするだけでなく、盗難に遭ったときのリスク軽減や、信用情報の浄化に役に立つことがあります。しかしカードローンやクレジットカードの解約はメリットだけではなく、受けることができたはずのサービスが受けられなくなってしまったり、過払い金があった場合は請求ができなくなってしまうこともあるので、慎重に判断しましょう。

特にクレジットカードの場合は提示するだけで割引サービスを受けられるお店や施設もたくさんあり、持っていることによるメリットも大きいのです。

カードローンを解約するためには完済をする必要があります。一般的に1000円未満の残高は無利息残債として扱われ、契約状態は継続しているものの、特に返済義務や利息が発生しない債務になります。毎月コンビニのATMで返済していると、硬貨での入金ができないため、1000円未満の残高が残ってしまうことがあります。解約する場合はこの無利息残債も含めてすべて返済しなくてはなりません。

そのためには振り込みをすることになりますが、振込手数料もかかってしまうことがあります。無利息残債がある状態でも、5年程度利用が全くないと、契約が打ち切りになることがあります。急いでカードを減らす必要がなければ放置していても問題ないでしょう。

カードローンの契約を解除しても良いのは、住宅ローンを検討しているときです。住宅ローンは非常に審査の厳しいローンです。残高がない場合でも限度額がたくさんあると、住宅ローン利用中にカードローンを利用して返済が発生すると、月々の負担が大きくなってしまい、破たんする可能性が出てきます。

住宅ローンの審査で判断されるのが「ローン返済比率」という数値です。年間合計返済額÷年収で求めることができますが、一般的には35%が目安と言われています。慎重な金融機関の中には限度額まで利用があることを想定して返済比率を計算し、契約ができなくなることもあります。もしまったく使っていないカードがあるのであれば、解約しておいたほうが返済比率を低くすることができます。

少額の利用があるカードも1つにまとめて、使っていないカードの契約を打ち切りにすると良いでしょう。カードをまとめることによって1枚の限度額が大きくなると、それだけで金利が引き下がることもあります。住宅ローンのような難易度の高い審査を予定していないのであれば、特に使っていないカードを解約するメリットはあまりありません。

カテゴリー: 未分類 | カードローンの解約のメリットとデメリット はコメントを受け付けていません。

カードローンを延滞した時のリスク

“返済日を忘れていた、お金がなかったなどの理由からカードローンの返済を延滞してしまうこともあります。そんな時にはどのようなリスクが待っているのでしょうか。

カードローンを延滞すると遅延損害金が発生します。

遅延損害金とは、契約時にかわした約定返済を守れなかったことに対する損害賠償です。損害賠償とはいえ違法性はありませんし、それほど重く捉える必要はなく、要するに延滞金のことです。ただし、延滞を続けるほど遅延損害金がかさんでいくため早めに対処しなくてはいけません。

遅延損害金は返済が遅れた日数分だけ発生します。返済日の翌日から計算し、10日返済が遅れたとしたら10日分の損害金を通常の返済額である元金+利息と一緒に支払う必要があります。

では、実際にはどのくらいの損害金が発生するのかですが、延滞日数の他に元金残高と遅延金利に応じて変わります。

遅延金利は最大で年20%まで、それを超える利率でかけられることはありません。

カードローンでも業者によって異なり、例えば銀行なら年14%~20%の間、消費者金融なら年20%で設定されているケースが多くなっています。そのため、遅延損害金の利率から利用するカードローンを選ぶという方も少なくはないようです。

例えば、元金残高10万円、遅延金利20%、延滞日数10日なのケースでの計算式は「10万円×20%÷365×10」となり、遅延損害金は約547円になるでしょう。

返済が遅れた場合は遅延損害金の発生は免れませんが、返済できなかった時点で担当者に連絡を取ることが大切です。人ととしてという意味もありますが、連絡することで心証が悪くなることはないので信用が大きく傷つくこともありません。

自ら連絡を入れない場合はカードローン会社の方から督促ハガキなどが届きますが、その時点ですぐに返済する又は連絡することにしましょう。それを無視すると督促状が届き、更に無視することで期日を設けて全額一括返済を請求されます。一括返済ができなかった場合は裁判所の許可で差し押さえが開始されます。

遅延損害金も膨らみますし、どうしても返済できないなら無視するのではなく担当者に返済について相談する、もしくは債務整理をおすすめします。

返済には5年という時効も存在します。一度も返済せず、カードローン会社からも返済催促がない状態で5年が経過し、時効成立の主張をすることで成立しますが、実際に時効が成立することはほぼないのできちんと対応しましょう。

カテゴリー: 未分類 | カードローンを延滞した時のリスク はコメントを受け付けていません。

素早い借り入れができるカードローンの即日融資

最近のカードローンでは、パソコンやスマートフォン経由での申し込み手続きが主流になってきており、インターネットから24時間いつでも都合が良いときに申し込みができるようになっています。

審査に必要な時間も最も素早いサービスだと最短30分となりますので、突然の出費が重なってしまい急いで現金が必要な状況になったときは頼りになります。

ユーザの立場からすると、そこまで借り入れを急いでいないならなるべく金利が低いサービスを選ぶことも可能ですし、カードローン 即日融資で利用することが最優先ならば、即日で利用しやすいカードローンといった具合に、そのときの状況や利用目的に応じて最適なものを選べるようになっていますので、とても利用しやすくなっています。

カードローンの業界でだんだん顕著になってきている傾向として、銀行が運営しているサービスでも審査に必要な時間がとても短くなってきており、手続きの時間帯が間に合えば即日融資も十分可能なサービスが増えてきているということがあります。

もともと銀行カードローンの特徴は低金利で借り入れができることと安心して利用できることですが、そのような特徴を備えながらなおかつ即日融資も利用できるため人気が高まっています。

もちろん銀行のカードローンは消費者金融と比べると若干審査が厳しいと言われることもありますので、申し込みをするときは収入と借り入れのバランスや自分の信用情報などを総合的に考えて検討しましょう。

銀行のサービスでも消費者金融でも共通ですが、申し込みをしたその日のうちに契約を済ませお金の借り入れまで行う即日融資で利用するためには、申し込みをするための時間帯に注意をする必要があります。

多くのカードローンでは即日融資のために銀行口座への振り込み融資を行っていますので、金融機関の営業時間外である15時以降となると、申請はできても実際に入金されるのは翌営業日となってしまいます。

全てのカードローンで共通するわけではありませんが、一般的には当日中の振り込みに間に合うためには遅くとも14時までには手続きを開始する必要があると言われています。

もしそれより遅い時間に即日融資を利用したいときや、想定外の事情で審査が長引くこと心配ならば、自動契約機でのカード発行ができるカードローンを選ぶのがおすすめです。

また、銀行のサービスは特にですが、その銀行の普通預金口座を持っている場合のみ即日で利用可能といった条件がつく場合もありますので、手続きを開始する前にしっかりと確認しておきましょう。

カテゴリー: 未分類 | 素早い借り入れができるカードローンの即日融資 はコメントを受け付けていません。

速やかに本人確認書類を提出してカードローンを使おう

消費者金融のカードローンでは、本人確認書類はどのようにして提出すればよいのでしょうか。

カードローンにもいくつかの種類が存在するのは事実ですが、特に消費者金融のサービスに関しては申請に関する手続きを人に対して行うことがほとんどありませんので書類そのものを提出する機会がほとんどないという事情があります。

例えば、消費者金融は街角に無人の契約機などを設置して誰でも気軽に融資の申し込みができるように工夫をしていますが、当然この契約機には必要な書類を確認してくれる人間が存在するわけではありません。

あくまでも、その契約機を通して必要な書類を提出しなくてはいけないようになっているので、銀行などの金融機関に郵送で書類を提出することもできません。ですから、消費者金融では別の手段で本人確認書類を提出することが求められるのです。

では、具体的にどのような方法で本人確認書類を提出するのでしょうか。最もわかりやすい方法は、消費者金融が用意している申込フォームからアップロードなどの機能を利用して提出することです。

中にはメール機能を利用して送信することもできるので、その点に関してはそれぞれの消費者金融に確認する必要があります。本人確認が可能な書類はコピーをするのではなく、そのままカメラなどで撮影をします。そして、撮影ができた画像のデータをそのまま消費者金融に提出することになりますので、あとは指示に従って目的先を教えてもらえば十分です。

肝心の本人確認の書類に関しては、公的な証明書である必要がありますので一つか二つは準備しておく必要があるでしょう。運転免許証を所持していればそれで充分ですし、パスポートがあればそれを利用することもできます。

また、学生の身分でお金を借りることを考えている人は、これらの証明書以外にも学生証が必要になりますので忘れないように用意しておく必要があります。特に、消費者金融には学生専用の貸金業者も存在するくらいですので学生証が必須になっている業者も存在するくらいです。
カードローンに関してはさまざまな形態が存在しますが、それぞれの形態や提供する会社によって必要になる書類や提出方法が全く違っているということをよく理解しておかなくてはいけません。

とりわけ、消費者金融は融資に関する審査を非常に手短にする性質がありますので、申請をしたときにすぐに用意できないとその時点で審査を落とされてしまったり心証が悪くなる可能性も十分考慮できます。

本人確認書類はカードローンの審査ならばどこの会社であっても求められるものですので、契約機やインターネットを使って申請をする際には手元に忘れないように必ず準備をしてから取り組まなくてはいけません。

カテゴリー: 未分類 | 速やかに本人確認書類を提出してカードローンを使おう はコメントを受け付けていません。

カードローンって派遣でも審査大丈夫?

カードローンを利用するためにキャッシングサービスの審査は派遣社員では通らないのではないか、そう考えている方もいると思います。

以前、銀行などは特に、キャッシングの審査において正社員である事が重視されることがありましたが、派遣・アルバイトなどの非正規労働者の増加を受け、消費者金融業者だけでなく、信販系・銀行系の審査でも正社員である事はそれほど重視されなくなっています。

中には審査に通る条件の一つに安定収入を上げている業者もありますが、安定収入というのは別に正社員である事とイコールではないので、派遣などの非正規労働者であっても安定収入が見込めるなら問題ないのです。
派遣やアルバイトがカードローンの申請を行う際に注意すべき点としては、まず嘘をつかないという事です。

審査に通りたいあまり、収入額を多く申告したり、他業者でローンを組んでいるのに、組んでいないと申請したりするなんて事をすると、金融業者というのは業者間で顧客の信用情報を共有しているため、簡単にばれてしまい、それにより信用を失ってしまいます。
なので、申請については嘘をつかず正直に申請しましょう。
派遣・アルバイトのような非正規労働者であっても申請は通りますが、正社員である方と比べると限度額が低く見積もられがちな事にも注意が必要です。
なぜ限度額が低くなるのかと言うと、非正規労働者は正社員と比べると年収が低い事が多く、雇用も正社員と比べると不安定で、保険内容が国民健康保険である事などが考慮された結果カードローン等の限度額が設定されるためです。

このため、審査が通った直後などに百万単位でのカードローンを組むのは難しく、限度としては50万ほどになる事が多いです。
それと申請の際の注意点としては、複数の金融業者に同時期に申請しない方が良いというものです。
先ほども書いたように金融業者というのは顧客情報を共有しているため、複数の業者に申し込んでいる事は調べればすぐにわかります。

そして複数の申し込みをしてどれも審査に通っていないとなると、それだけで信用に値しないと判断されてしまうので、複数の業者に一気に申し込むのはやめた方が良いでしょう。
特に根拠があるわけではありませんが、1月で3社以上申請すると危ないというのが定説になっているようです。

あとはキャッシングを利用する際は返済期間はできるだけ短くするというのも重要になります。
返済期間を長くすれば余裕はあると思いますが、その分利息が多くかかっているので総額としては損する事になるからです。

カテゴリー: 未分類 | カードローンって派遣でも審査大丈夫? はコメントを受け付けていません。

当日にカードを発行してカードローンを使おう

カードローンには、それぞれの会社によって当日に利用することができるものとそうではないものが存在しますので、お金が必要ですぐにでもローンを利用したいと考えているときにはそうしたカードローンを利用することが重要になるでしょう。

一般的に、当日に利用することができないカードローンというのは銀行が提供しているローンであることが大半です。なぜかというと、銀行の融資の審査基準は厳しいので即日で審査を判断するようなことがないからです。銀行では、多額の融資を前提として審査基準が採用されていますので、審査をするときの条件としては正社員であって勤続年数を基準に満たしているのかを確認する必要があります。

こうした審査をするので必ず審査に時間がかかってしまい、申請をしたからといってすぐにカードを作ってもらうことができるわけではありません。実際に、クレジットカードなどを作るときであっても手続きをするときには支店に行って身分を証明して作らなくてはいけません。銀行での手続きには相応の手間がかかりますので、当日すぐに融資を利用できるのはまれであるということを理解しておく必要があるでしょう。

一方で、少額融資を生業とする消費者金融のカードローンでは、当日にすぐにでもお金を借りることができますし、これはどのような申請方法であっても共通していますので自信が行いやすい申請方法で融資を申請することが重要になります。基本的には、インターネットを利用した方法やその消費者金融が設置してある自動の契約機を利用して手続きをすることになります。

消費者金融でカードを作るときの特徴は、有人の店舗で手続きをすることがほとんどないということです。確かに、有人の店舗で手続きを行えば対応や審査に時間がかかりますが、手続きそのものが簡易化されている消費者金融の融資ではお金を借りる際の手続きに長い時間が必要になることはまずありません。言い換えれば、インターネットや契約機に設置されているモニターを通して審査できるレベルの基準しかないので、当日であってもカードローンを利用することができるわけです。

周囲に人がいるわけではないので何も気にせず手続きができますし、電話に関しては折り返し消費者金融から電話をしてくれるようになっていますので安心して手続きをすることが可能です。後は、折り返しの電話で質問に答えて審査の続きをしていけば当日にでもカードを発行してくれます。

カテゴリー: 未分類 | 当日にカードを発行してカードローンを使おう はコメントを受け付けていません。